一人で木曽駒ヶ岳に登る

2014年9月27日。

ひとりで中央アルプスの木曽駒ヶ岳に登りました。

今回はテント泊。
準備する物もそれなりにあるし、テント泊経験のある友人なんていなくて、誰も誘わずに一人で行きました。

実は私、関西近郊の山はいくつか登った経験があるけど山でテント泊するのは今回が初めて。

実はこれも北海道旅行のトレーニングの一環なのです。
一人で行って一人で楽しむトレーニング。
でもやっぱりだれかと感動を共有できたらね、それが一番いいですね。
image
木曽駒の上の方は紅葉してました。

この景色の見れる場所まではロープウェイで7分で上がれます。

image
実はこの日は御嶽山が噴火した日でした。
見えますか?写真中央に縦に湧き上がる雲の様な噴煙。

たまたま撮影しました。
まさか近くの山であんな事が起こっていたなんて。
image
私のテント MSRのハバハバNXです。

このテントも北海道旅行の為に最近購入しました。
少しいびつな張り方。
ちゃんと家でテント張る練習して行ったのに・・・。まだまだですね。
テントのお話はまた今度・・・・。

テント場でテントを設営中に私のテントの近くに若い男性の登山者がきました。
この人もここにテント張るんだな。
「こんにちわ」と挨拶し合って互い黙々とテントを設営する。
私はロープを張るのに苦労したけど、その人はサクサクとテントを設営して、気付いたらお湯を沸かしてコーヒーを飲んでました。

テント場は家族連れやグループでにぎわってました。
小さな子供を3人ぐらい連れたファミリーがいました。テントも結構大きめ。

テント場の受付のおっちゃん、ちょっといやな感じだった。

夜は凄く寒かった。

寝袋にくるまって、たまにミルクを温めて飲んで、たまに美しい星空をみた。
ミルクを多めに持って行って良かった。
私の体を温めてくれた。
image
翌朝。

image

image
少しずつ太陽が上がってくる。

image
テント場の朝は早い。

R0011606
朝、テント場から手ぶらで頂上へ行きました。
(テント場からは20分弱で頂上に着きます。)

勇気を出してテント泊してみてよかった。
私は自然の中にいるのが好きです。

R0011628
下山後、菅の台バスセンター近くの“お食事処 すが野” にて

おろしとんかつ定食と食後のアイスコーヒー
おいしかったです♪
食べすぎですね(笑)

実は帰りの高速バスの乗り場が分からず、同じように大きなザックを背負った女性に話しかけました。
彼女は私と同じ年くらいで、東京方面から来られた方でした。
登山ではなくて、ハーフマラソンの大会に出るために駒ヶ根にきていたそうです。
実は私が下山した日に付近でマラソン大会やってたんですね。

彼女は 前日に駒ヶ根に入り、登山してからユースホステルに1泊し、さっきハーフマラソンに参加して今帰るとの事。
凄いバイタリティ!
マラソンする前日に登山してたなんて!
確かにアスリート風のしなやかなスタイルの方でした。
彼女とはバスが来るまでの少しの時間お話しました。
以前は走るなんて好きじゃなかったそうです。
山を走るイベントに参加した事がきっかけで走るようになり、今では走るのが好きになったそう。
ただしゴールする時に喜びを感じるタイプで、走っているときは「なんでこんな事しなきゃいけないんだ」と参加を後悔するそうです。

最後は「お元気で!」と言い合ってお別れしました。
爽やかな人だったな。

一人で旅をすると、意外と自分から話しかけたりしちゃう、と知りました。(笑)

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク