スポンサーリンク

このブログについて

私、35歳過ぎて初めて子どもが欲しくなりました。
スポンサーリンク

私は、普通の女性の多くが持つ “自分の子どもを産み、育てたい” という純粋で素直で単純な気持ちを全く持ち合わせずに30歳を超えました。

むしろ自分自身が出産をすることはとてもおぞましい事であるとさえ感じていた時期も長期に渡りありました。

子どもを産み育てたい気持ちを持つ一般的な女性には到底理解できない感情かもしれませんが、私にとってその感情とは既に子どもの頃から持ち合わせていた感情で、まさか37歳の今、お腹に胎児を抱えているなどとは、30年前の私、20年前の私、10年前の私、どの時代の私を取っても想像はできない事でした。

 

しかしここ数年で、いやこのたった1年で、人間とはここまで変わるのだと、私と言う人間はここまで変化するのだという事を知り、今私は戸惑いとある種の幸福の中に身をゆだねています。

複数の女性の後ろ姿

世の中には何種類かの女性がいると思います。

幼いころから結婚・出産・子育てに憧れる女性。

結婚したら子どもを産む事が自然なことで、特に出産にそこまでの重きをおかず、“人の道”として自然に受け入れられる女性。

結婚は別にどちらでも良い。とにかく子どもが欲しい。子どもが欲しいから結婚するんだ!という結婚<出産な女性。

子どもが嫌いだから子どもは産まないと決めている女性。

子どもは欲しいが、自分自身が虐待された経験などを持ち、産む事に迷いがあり産めない女性。

子どもは欲しいがなかなか授かれなかった女性。

など。

一言で『女性』『出産』といっても、様々な事情を持ち合わせているものです。

 

以前の私が「私は絶対に子どもを作らない!」と公言していたのには、自分でも説明しがたい様々な理由がたくさんありました。

普通の人が聞けば『なにもそこまで重く考えなくても』と言ってしまう事かもしれません。

しかし私自身にとっては、“子ども”というのはとてつもなく大きなワードで、真剣で深刻な対象でした。

きっとそれだけ “子どもを作る事・産む事” に大きな責任感を持っていたのだとも思います。

 

このブログは、私と同じように『子どもを絶対に作らない』と心に決めている男性や女性に読んでもらえると嬉しいです。

勿論それ以外の人にも。

それと親の愛情を感じることが出来ない若い人や、何か愛情に関するトラウマを持っている子どもにも。

 

『子どもを絶対に作らない』と強い意志を持っていた私が、35歳を過ぎ、子どもを妊活してまでつくるに至った経緯を、ちょっと軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク
ogakaoをフォローする
スポンサーリンク
私、35歳過ぎて初めて子供が欲しくなりました
タイトルとURLをコピーしました